Go! BIWAKOGUMA Go! to the USA (11)

初めてのアメリカ

初日、やっと夕方が来た。早朝に日本を出て相当長い時間が経ったと思うがまだ一睡もせずに起きている。
夕食は、Timとヒロミ、3人で外食しようと言う事になり、MSUの方面に向かう。日本で言うローカルの国道を走っていくのだが、見る物聞く物全てが珍しく感じた。多分、ど田舎であろう筈のこの土地も、何も無い事が帰って新鮮だった。
この州には山と言うものが無く、何処まで行ってもなだらかな丘陵地(ほとんど平地)が広がっている。したがって傾斜した地面はほとんど無い。道路の両サイドには広葉樹の林が広がっているが、こういう景色は、日本の本州では珍しいと思う。薪ストーブの焚き木ならナンボでもある感じだ。日本で薪ストーブに暖炉と言うと少し背伸びした感じが付きまとうと思うけれど。コチラでは必然なのだろうなと納得した。でも今はガスでセントラルヒーティングが安く手間要らずで暖かいとの事らしい。
到着したMSUの敷地は広大だった。東西の幅は3kmほど、南北にいたっては7kmほどあるらしい。ただし、元々が農業系の学校らしくその多くは畑とか農場だ。校舎等の建物は北部に集中して建っていて、大体3km四方が学校のイメージになる。それでも広大な事には違いなく、それで一つの街を形成している。街としての機能は何でもあるとの事だ。警察や消防はもちろんゴルフ場まである。さすがに原子力発電所は無いが火力発電所はある。
食堂の類はアチコチにあるが、そのうちの一つ、“小さめのカフェテリア”に入った。
小さ目と言っても十分広い。日本のショッピングモールのフードコートくらいの広さがあった。入り口で入場料を支払うと中では全てがフリーとの事で、食べ過ぎるのは必然だった。こんな所に食べ盛りの若者を解き放ったら4年後の結果は見えている。肥満大国アメリカの一端を垣間見た。
IMG_2879
帰り、MSU近くのバーに寄ってMSUスパルタンズのバスケの試合を見ながらビールを飲んだ。先ほど道路がやたら混んでいたのは、これのせいだったのだが、聞けば、バスケット場、野球場にフットボール場、等々どれも立派な観客席を備えた専用競技場として学内に建っているらしい、、うなった、、。

日本を出てからここまでが日米を通じて3月4日の出来事になる。
結局その日、アメリカ初日は連続30時間起きていた事になった。

ぐっどないと、、。

ツヨシ(フェイスブック)

全部読む

前の話へ

次の話へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中